ブラウン電動歯ブラシと手磨きの違い

毎日の習慣である歯磨きですが、大半の人は手磨きで行うことが多いでしょう。手磨きの一番のメリットは歯ブラシを手軽に手に入れることがあげられます。しかし近年ブラウンなどから電動歯ブラシも多く販売されているため、注目を集めています。電動歯ブラシと手磨きの違いはもちろん歯ブラシ自体にあります。手磨きする場合当然ながらごく一般的な歯ブラシですが、電動は電池などの力によって1分間に何万回と振動し、汚れをかい出します。歯磨きは手磨きで十分だと考える人も多いですが、毎日しっかりと歯磨きを行っていても実は汚れが落とし切れていないことが多いのです。しかし電動歯ブラシは手磨きよりはるかに多くの振動があるため、ゴシゴシと磨かなくても短時間で汚れを落とすことが可能となり、毎日の歯のメンテナンス方法として使用すると非常に便利です。

ブラウンの電動歯ブラシを選ぶ際のポイントとは

短時間で汚れを落としやすい電動歯ブラシですが、いざ購入しようと思ってもその種類の多さに迷ってしまうことも多いでしょう。実は一口に電動歯ブラシといっても音波歯ブラシや超音波ブラシ、回転歯ブラシという3種類に分かれています。もっとも振動数が多いのが超音波ブラシです。電動歯ブラシは以前と比較して価格が下がりつつありますが、最新のものだと2万から3万円程度するものもあります。そのため価格でどの電動ブラシを購入するか決めるのも1つの手です。電動歯ブラシを購入する際のポイントは電動歯ブラシの種類にもよりますが、ほかにもヘッドの大きさも重要です。歯並びが悪い人は特に磨き残しが発生してしまうため小さなヘッドの電動歯ブラシを使用すると良いでしょう。ブラウンは小さなヘッドの電動ブラシもあるため磨き残しなどが少なく、くまなく汚れを落とすことができます。

ブラウンの電動歯ブラシを使用する際の注意点

細かい振動によって短時間で汚れを落とすことが可能で人気を得ているブラウンの電動歯ブラシですが、使用する際の注意点もいくつかあります。まず電動歯ブラシを使用する際は必要以上にゴシゴシとこすってはいけないということです。電動歯ブラシは歯ブラシ自体が振動するため、手磨きのようにゴシゴシと磨いてしまうと力加減が難しく、歯茎を傷つけてしまう可能性が生じます。またこれは手磨きでも同様にいえることですが、歯と歯の間の汚れを落とすことは電動歯ブラシでも難しいため、歯間ブラシを併用することでより多くの汚れを落とすことが可能です。また電動歯ブラシを使う際は使用する歯磨き粉にも注意が必要です。歯磨き粉は極力、研磨剤が入っていないものを使用すると良いです。電動歯ブラシを使用する際に研磨剤の入った歯磨き粉を使ってしまうと必要以上に歯の表面が傷ついてしまうため研磨剤の入っていないものを選びましょう。